病院薬剤師の年収は低い?

病院は仕事のやりがいはありそうだけど年収が低すぎて・・・そんなふうに思っていませんか?実際に病院で働く薬剤師と他の業種で活躍する薬剤師では、年収にどのくらいの差があるのか紹介します。

 

薬剤師の業種別年収

「薬キャリ - 薬剤師の年収調査!あなたの年収は適切?」より引用


上のデータは薬剤師専門転職サイト「薬キャリ」で転職した薬剤師の、業種別の転職時年収平均です。

 

これを見ると病院薬剤師の平均年収は20代で416万円、30代で471万円、40代で514万円、50代で545万円となっています。これは20代ではドラッグストアに比べて121万円、調剤薬局に比べて45万円も低く、30代でもドラッグストアに対して87万円、調剤薬局に比べて50万円も低い水準です。

 

その後年齢が上がるとともにその差は縮まっていき50代では3業種でほぼ同水準に落ち着いています。とはいえ生涯年収予測を見ると最高のドラッグストアの2億930万円に対して病院は1億8625万円とその差は2305万円にもなってしまいます。このデータを見る限り病院薬剤師の年収が低いということは事実として受け止めなければならないようです。

 

ただし生涯年収予測などの単純な数字にあまり意味はないかもしれません。医療を取り巻く環境変化のスピードは非常に速いものなので、5年後、10年後に今の業種別給与水準がそのままとは誰にも予測できないことですしね。

 

それよりも自分は将来薬剤師としてどのようなキャリアを進んでいくべきか?そのために今どんな経験を積むべきか?という思想から仕事を選ぶことが大切になると思います。

 

他の薬剤師求人関連の運営サイト紹介

調剤薬局への転職をお考えなら、調剤薬局の非公開求人を見る方法を参考にしてみてはいかがでしょうか?